学園ブログ

【地歴部】北海道・上士幌町主催「かみしほろ塾」へ井上先生が登場

カテゴリ:部活(文化部)

 28日(火)北海道・上士幌町が主催する総合講座「かみしほろ塾」へ地歴部顧問の井上先生が登場します。

 上士幌町は北海道の東部に位置し、スマートタウンの構築により、住みやすいまちづくり、生産可能エネルギーの地産地消など地域活性化に取り組んでおり、「SDGs未来都市」への選定、「ジャパンSDGsアワード」の受賞など、持続可能なまちづくりの実践都市として注目されています。

 「かみしほろ塾」は「SDGsで未来を拓く-持続可能なまちづくりに向けて-」と題して、フォーラム2では、「SDGs未来都市サミット」を開催し、SDGsを先進的に推進する行政の市町長と一緒に中高生の活動を報告します。

 未来のまちの在り方、未来を担い手の育成など持続可能な社会の実現、SDGsの目標達成に向けて考えます。講座はYouTubeライブ配信により視聴可能です。上士幌町公式HP特設ページ(貼付チラシQRコード)からお入りください。


【ダンス部】岡山シーガルズ試合前パフォーマンス出演
[2022/01/18]

カテゴリ:部活(文化部)
 1月15日(土)ダンス部から中学生2名・高校生9名が、岡山シーガルズ試合前パフォーマンスに出演しました。今回はSDGsの活動の一環として、「11:住み続けられるまちづくりを」「17:パートナーシップで目標を達成しよう」の項目をテーマに作品を作りました。作品中では孤独な少女が出会いの喜びを知り、新たな世界へ踏み出していく様子を表現し、岡山のまちづくりのために自分にできることから始めようという想いを込めて踊りました。久しぶりに観客が入った状態でダンスを披露することができました。ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

共通テスト出陣式
[2022/01/16]

カテゴリ:高校

1月14日(金)共通テスト出陣式を行いました。受験生は4校時終了後自習室に集まり、校長先生からの激励の言葉、毎年恒例の矢部先生からの「いい予感」の伊予柑パフォーマンス、学年主任の田淵先生からの応援の言葉を受けました。

先生方の応援メッセージを集めた応援パネルには、今年の干支「寅」を藤原香織先生が描いてくれました。「一意専心」、集中して自分の希望する進路をつかみ取ってほしい、という願いが込められています。

受験生の皆さん最後まであきらめず頑張ってください。応援しています。


【図書委員会】ビブリオバトル特設コーナー登場
[2022/01/14]

カテゴリ: 図書館

114日(金)、岡山県立図書館に昨年開催した「原田マハ記念山陽学園ビブリオバトル」の特設コーナーの設置に行きました。上位入賞本に加え、原田マハさんの本やビブリオバトルの様子を模造紙にまとめて展示しています。展示期間は210日(木)までです。

また、啓文社にも同様のコーナーができています。ビブリオバトルでのコメントを掲載した臨場感のあるポップを並べ、展示販売しています。

高校生のおすすめ本をぜひ読んでみてください。


私たちの平和活動(3)
[2022/01/13]

カテゴリ:部活(文化部)

 昨年の年末、サーロー節子さんのドキュメンタリー映画が公開された岡山県立図書館で鑑賞者を対象にJRC部員が「核廃絶!ヒロシマ・中高生による署名キャンペーン」の活動を行いました。

 この活動は、広島の中高校生が中心となり全国の中高校生と行っている平和活動です。映画を観た方々は関心が高く、たくさんの方々が署名に協力してくださいました。

百人一首大会
[2022/01/12]

カテゴリ:中・高

 111日(火)全校で百人一首大会が開催されました。各クラスで予選を行い、代表者が中学・高校の1番を目指して、グランプリ大会にのぞみました。

 クラスの予選から白熱した札の取り合いとなり、上の句で素早く札を取るレベルの高いものになりました。

 高校の部は高二の松下さん、中学の部は中1の新島さんが優勝しました。おめでとう!


私たちの平和活動(2)
[2022/01/12]

カテゴリ:部活(文化部)

昨年の年末に「核は地球と共存できない」 被爆体験語るサーロー節子さんのドキュメンタリー映画が岡山県立図書館で公開されJRC部員が鑑賞しました。 映画名は「ヒロシマへの誓い サーロー節子とともに」。 原爆投下から70年となる2015年、国連本部で開かれた核拡散防止条約(NPT)会議から約4年間の活動を撮影したものです。

内容も素晴らしいものでした。「亡くなった数十万の人々。彼らはみな、それぞれに名前を持っていました。そして、みな誰かに愛されていました」という節子さんの体験からの言葉や核兵器禁止条約採択後に力強い声でこれまでの核抑止政策を失敗と断じ、「我々は取り返しのつかない環境汚染を繰り返しません。将来世代の命を危険にさらすことを続けません。世界各国の指導者たちに懇願します。もしあなたがこの惑星を愛しているのなら、この条約に署名してください」、「核兵器はこれまでずっと、道徳に反するものでした。そして今では、法律にも反するのです。一緒に世界を変えていきましょう」といったメッセージには涙を流す方々も多くいました。

最後に岡山「被爆23世の会」の方に鑑賞者の皆さんに私たちの語りべ活動の紹介をしてもらい、私たちも平和への想いをより強く持って活動したいと部員一同で決意を述べました。


【吹奏楽部】岡山県アンサンブルコンテスト中学校の部「金賞」受賞
[2022/01/11]

カテゴリ:部活(文化部)

吹奏楽部の中学生8名が12月27日(月)に開催された、第53回岡山県アンサンブルコンテストに出場しました。

編成は管楽器と打楽器による管打8重奏。アラブ音階で構成された「マカーム・ダンス」を演奏し、見事「金賞」を受賞しました。1ヶ月弱の短い練習期間でしたが、アンサンブル演奏を楽しみ、チームワークを高めることができました。

2月13日(日)吹奏楽部バレンタイン定期演奏会で演奏を披露する予定です。是非、ご来場ください。


3学期始業式
[2022/01/11]

カテゴリ:中・高

 111日(火)は第3学期の始業式です。久しぶりの登校となり、冬休みの思い出について盛り上がりました。式では校長先生から本校の日めくり「辛抱第一何くそで」の気持ちで何事にも挑戦してほしいとメッセージがあり、校歌は吹奏楽部のフルート演奏でした。

 受納式では、先の卓球の世界選手権(U15)で日本の女子団体優勝に貢献した鈴木さんや、吹奏楽部の中学生のアンサンブル金賞など素晴らしい成績が報告されました。

 寒さが厳しい日が続きます。コロナ感染症の防止を十分にして、大学入試や学校行事、勉強に頑張りましょう。


私たちの平和活動(1)
[2022/01/11]

カテゴリ:部活(文化部)

先日JRC部の平和活動がNHKのニュースWEBにJRC部の記事が掲載されました。内容は中高生が始めている「語りべ活動」についてです。豊田冨士子さんの被爆体験の紙芝居化の話です。作画を担当した喜井さんの苦労や語りを担当している勇さんの想いを中心に特集されています。ぜひご覧ください。脚本の手直しやラネートから紙芝居を電子化した部員など多くの人の平和への想いが込められた作品です。大切に語り継いでいきたいと思っています。こちらのURLからアクセスしてください。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220105/k10013415491000.html